缶バッチ作品その90:東京都のGio Ban Carera様ほか

東京都のGio Ban Carella様

これは東京都のGio Ban Carella様の缶バッジです。イタリア語で「giocare」とは楽しむことで、「bancarella」とは屋台を意味することで、二つの単語が合わさって「Gio Ban Carella」というネーミングになったそうです。大学の学園祭にてこの名前でタルトの屋台のお店を開いて大成功のうちに終わったそうです。その後も学園祭などで出店して美味しいタルトを販売したそうです。ロゴマークのデザインも素晴らしい出来栄えかと思います。1インチ(25ミリ)サイズのノーマルピンタイプで缶バッチを作らせていただきました。屋台だけにしておくのは勿体ないので実際にお店も開いてほしいですね。

愛媛県の大洲青年会議所様

これは愛媛県の大洲青年会議所様の缶バッジです。JCレンジャーという戦隊ものの格好で地域の活性化に大いに貢献しています。今回は大洲青年会議所様主催で「おまつり村」というイベントを催していて、JCレンジャーのライブイベントを行った記念で缶バッチを配布しました。2-1/4インチ(57ミリ)サイズのノーマルピンタイプで沢山作ってお子様を中心に差し上げたことと思います。

長野県の長野県高等学校総合文化祭実行委員会様

これは長野県の長野県高等学校総合文化祭実行委員会様の缶バッジです。県内の高校が一同に会して文化祭を行うというのは大規模で実行までそうとう苦労されたことと思います。これはいわゆる「スタッフ缶バッチ」として実行委員の方々が身に着けるものとして作成させていただきました。1-1/4インチ(32ミリ)サイズのノーマルピンの仕様です。「疾風」と書かれた文字が特徴的です。